絳州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絳州(こうしゅう)は中国にかつて存在した州。

魏晋南北朝時代[編集]

北魏太武帝により設置された東雍州を前身とする。孝文帝により一旦廃止されたが、東魏により再設置された。560年武成2年)、北周により絳州と改称された。

隋代[編集]

隋朝が成立すると当初は3郡6県を管轄した。605年大業元年)に邵州廃止にともないその管轄県が統合された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い絳州は絳郡と改称され下部に8県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下表を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
絳州 邵州 晋州 絳郡
正平郡 絳郡 高涼郡 邵郡 平陽郡 北絳郡 正平県 聞喜県 曲沃県
絳県 稷山県 垣県
太平県 翼城県
臨汾県[要曖昧さ回避]
聞喜県
曲沃県
絳県
小郷県
高涼県 亳城県
清廉県
蒲原県
太平県 北絳県

関連項目[編集]

注釈[編集]