平原郡 (山東省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平原郡(へいげん-ぐん)は、現在の中華人民共和国山東省徳州市を中心とした地域に置かれた古代

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 唐代に廃止
前漢平原郡
平原郡
後漢平原郡
三国平原郡
西晋平原郡
東晋十六国平原郡
南北朝平原郡
徳州
平原郡
徳州
平原郡
徳州

歴史[編集]

春秋時代にはの支配下にあって平原邑と呼称したが、戦国時代に支配権が移り、恵文王の実弟・趙勝が封じられて「平原君」と呼ばれた。後にがこの地に平原県を設置し、更に前漢では平原郡を後漢では平原国を設置して青州に帰属させた。だが、その後後漢末に曹操が自己の勢力拡大のために平原を冀州に編入し直している。その間には斉王田栄項羽に敗れてこの地で住民に殺され、黄巾の乱後には劉備公孫瓚の推挙で平原国のに就任している。

北魏の時代に平原郡を聊城県に移して後に平原郡・平原県を廃したが、北斉が平原県を復活させて渤海郡安徳郡に属させるなど複雑な変遷を辿るが、隋朝が成立すると陵県を郡治とする平原郡を復活された。後にこれを徳州と改称して郡治を徳県に移されたが、607年大業3年)に郡制が採用されると徳州は平原郡と改められた。唐代には徳州と改称され平原郡の行政区画名は消滅した。

安史の乱の時に顔真卿が守護した平原城は徳県にあったものである。一方、平原県は北斉の再置以来の同一名称・場所に継続して置かれている。

関連項目[編集]