始平郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

始平郡(しへい-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から南北朝時代にかけて設置された。現在の陝西省中西部に設置されたものを本土とするが、南北朝の分裂のために各地に僑置された。

概要[編集]

266年西晋泰始2年)、京兆郡扶風郡を分割して、始平郡が立てられた。始平郡は雍州に属し、郡治は槐里県に置かれた。西晋の始平郡は槐里・始平武功蒯城の5県を管轄した[1]永嘉の乱以後、始平郡の本土は華北五胡の諸国の統治を受けた。

北魏太平真君年間、始平郡は扶風郡に併合された[2]

僑置始平郡[編集]

武当の始平郡[編集]

本節では、現在の湖北省丹江口市に設置された始平郡について述べる。雍州が襄陽に僑置されると、始平郡が襄陽に置かれた。後に郡治は武当に移された。南朝宋の始平郡は武当・始平・武功・平陽の4県を管轄した[3]南朝斉のとき、始平郡は武当・武陽・始平・平陽の4県を管轄した[4]。後に斉興郡と改められた[5]

秦州の始平郡[編集]

南朝宋のとき、始平郡は秦州に属し、始平・槐里・宋熙の3県を管轄した[3]。南朝斉のとき、始平郡は始平・槐里・宋熙の3県を管轄した[4]

涪城の始平郡[編集]

本節では、現在の四川省綿陽市に設置された始平郡について述べる。東晋のとき、涪城に始平郡が置かれた[6]西魏のとき、涪城郡と改められた[7]

上洛の始平郡[編集]

本節では、現在の陝西省商洛市に設置された始平郡について述べる。500年(北魏の景明元年)、始平郡が立てられた。始平郡は洛州に属し、上洛県1県を管轄した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ a b 魏書』地形志二下
  3. ^ a b 宋書』州郡志三
  4. ^ a b 南斉書』州郡志下
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 旧唐書』地理志四
  7. ^ 隋書』地理志上