晋陵郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

晋陵郡(晉陵郡、しんりょう-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から唐代にかけて、現在の江蘇省南部に設置された。

概要[編集]

三国時代呉郡無錫県以西の地を屯田として、毗陵典農校尉(ひりょうてんのうこうい)を置いた。

281年(晋の太康2年)、典農校尉を廃止して、毗陵郡(ひりょうぐん)が立てられた。毗陵郡は揚州に属し、郡治は丹徒県に置かれた。西晋の毗陵郡は丹徒・曲阿武進延陵毗陵曁陽・無錫の7県を管轄した[1]311年永嘉5年)、東海王司馬越の嫡子の名がといい、東海国が毗陵を食邑としたことから、これを避諱して毗陵郡は晋陵郡と改められ、その下の毗陵県も晋陵県と改められた。

431年南朝宋元嘉8年)、晋陵郡は南徐州に転属した。宋の晋陵郡は晋陵・延陵・無錫・南沙・曲阿・曁陽の6県を管轄した[2]

南朝斉のとき、晋陵郡は晋陵・無錫・延陵・曲阿・曁陽・南沙・海陽の7県を管轄した[3]

589年開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、晋陵郡は廃止されて、常州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、常州が毗陵郡と改称された。毗陵郡は晋陵・江陰・無錫・義興の4県を管轄した[4]

620年武徳3年)、唐が杜伏威を帰順させると、毗陵郡は常州と改められ、晋陵・義興・無錫・武進の4県を管轄した。742年天宝元年)、常州は晋陵郡と改称された。758年乾元元年)、晋陵郡は常州と改称され、晋陵郡の呼称は姿を消した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志下
  2. ^ 宋書』州郡志一
  3. ^ 南斉書』州郡志上
  4. ^ 隋書』地理志下
  5. ^ 旧唐書』地理志三