新昌郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新昌郡(しんしょう-ぐん)は、かつて中国王朝が設置した魏晋南北朝時代に別の2カ所で立てられ、併存した時期もある。

交州の新昌郡[編集]

271年建衡3年)、三国により交阯郡を分割して、新昌郡が立てられた[1]。この新昌郡は現在の中国とベトナムの国境地帯にあり、交州に属した。

のとき、新昌郡は麊泠嘉寧呉定封山西道の6県を管轄した[2]

南朝斉のとき、新昌郡は范信・嘉寧・封山・西道・臨西・呉定・新道晋化の8県を管轄した[3]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、新昌郡は廃止されて、興州に編入された[4]

滁州の新昌郡[編集]

473年元徽元年)、南朝宋により秦郡頓丘県梁郡穀熟県歴陽郡酇県を分割して、新昌郡が立てられた[5]。この新昌郡は現在の安徽省滁州市一帯に相当し、はじめは徐州に属した。

南朝斉のとき、新昌郡は北徐州に属し、頓丘穀熟尉氏の3県を管轄した[3]

南朝梁のとき、新昌郡は西徐州に転属した。

東魏のとき、新昌郡は譙州に転属し、赤湖荻港薄陽・頓丘の4県を管轄した[6]

552年天保3年)、北斉により南譙州が立てられると、新昌郡に州治が置かれた。

583年(開皇3年)、隋が郡制を廃すると、新昌郡は廃止されて、滁州に編入された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』呉書三嗣主伝
  2. ^ 晋書』地理志下
  3. ^ a b 南斉書』州郡志上
  4. ^ a b 隋書』地理志下
  5. ^ 宋書』州郡志一
  6. ^ 魏書』地形志二中