新寧郡 (広東省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新寧郡(しんねい-ぐん)は、中国にかつて存在した東晋から南北朝時代にかけて、現在の広東省北西部に設置された。

概要[編集]

351年永和7年)、蒼梧郡が分割されて新寧郡が立てられた。新寧郡は広州に属し、郡治は臨允県に置かれた。

南朝宋のとき、新寧郡は南興・臨允・新興博林甘東単牒龍潭威平平郷城陽威化初興撫納帰順の14県を管轄した[1]

南朝斉のとき、新寧郡は博林・南興・臨允・甘東・新興・威平・単牒・龍潭・城陽・威化・帰順・初興・撫納・平郷の14県を管轄した[2]

南朝梁のとき、新州が立てられ、新寧郡は新州に属した。

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、新寧郡は廃止されて、新州に編入された[3]

脚注[編集]

  1. ^ 宋書』州郡志四
  2. ^ 南斉書』州郡志上
  3. ^ 隋書』地理志下