北徐州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北徐州(ほくじょしゅう)は、中国にかつて存在した東晋から南北朝時代にかけて、現在の江蘇省安徽省山東省の各地に設置され、王朝によってその管轄地域は変遷した。

六朝系北徐州[編集]

411年義熙7年)、東晋により徐州の淮北の地が分離されて北徐州が設置された。州治は彭城県に置かれた。

421年永初2年)、南朝宋により北徐州は徐州と改められた[1]473年元徽元年)、北徐州が再び置かれた。州治は鍾離郡に置かれた。

南朝斉のとき、北徐州は鍾離郡・馬頭郡済陰郡新昌郡沛郡の5郡を管轄した[2]

549年武定7年)、侯景の乱の混乱に乗じて、東魏南朝梁の北徐州を奪い、楚州と改称した[3]

北朝系北徐州[編集]

529年永安2年)、北魏により北徐州が置かれた。北徐州は東泰山郡琅邪郡の2郡を管轄した[3]

北周のとき、北徐州は沂州と改められた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 宋書』州郡志一
  2. ^ 南斉書』州郡志上
  3. ^ a b 魏書』地形志二中
  4. ^ 隋書』地理志下