晋寧郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

晋寧郡(晉寧郡、しんねい-ぐん)は、中国にかつて存在した魏晋南北朝時代に2カ所の晋寧郡が設置された。

寧州の晋寧郡[編集]

本節では、現在の雲南省中北部に設置された晋寧郡について述べる。308年西晋永嘉2年)、益州郡が晋寧郡と改名された[1]。晋寧郡は寧州に属し、郡治は建伶県に置かれた。

南朝宋のとき、晋寧郡は建伶・連然滇池穀昌秦臧兪元双柏の7県を管轄した[2]

南朝斉のとき、晋寧郡は建伶・連然・滇池・兪元・穀昌・秦臧・双柏の7県を管轄した[3]

徐州の晋寧郡[編集]

本節では、現在の江蘇省宿遷市一帯に設置された晋寧郡について述べる。南朝梁のとき、晋寧郡が置かれた。

侯景の乱の混乱に乗じて東魏が晋寧郡を奪った。東魏の晋寧郡は東楚州に属し、臨清魏興富城招農の4県を管轄した[4]

北斉のとき、晋寧郡は廃止された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志上および王遜伝
  2. ^ 宋書』州郡志四
  3. ^ 南斉書』州郡志下
  4. ^ 魏書』地形志二中
  5. ^ 隋書』地理志下