永昌郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永昌郡(えいしょう-ぐん)は、中国にかつて存在した後漢から南北朝時代にかけて、現在の雲南省西部に設置された。ほかに別の地に置かれた永昌郡がいくつかあったが、それらはいずれも短期間のものに終わった。

概要[編集]

69年永平12年)、哀牢王柳貌が後漢に帰順すると、その地に永昌郡が置かれた[1]

後漢のとき、永昌郡は益州に属し、不韋巂唐比蘇葉楡邪龍雲南哀牢博南の8県を管轄した[2]

225年建興3年)、三国蜀漢により建寧郡と永昌郡が分割されて雲南郡が新設された[3]

271年泰始7年)、寧州が立てられると、永昌郡は寧州に転属した。西晋の永昌郡は不韋・永寿・比蘇・雍郷南涪・巂唐・哀牢・博南の8県を管轄した[4]311年永嘉5年)、寧州刺史王遜が永昌郡と雲南郡を分割して河陽郡を立てた。東晋成帝のとき、河陽郡は東西に分割された。

南朝宋では、西河陽郡と東河陽郡があったが、永昌郡の記録は見られない[5]

南朝斉のとき、永昌郡は永安・永寿・不建・犍𤧶・雍郷・西城・博南の7県を管轄した[6]

開州永昌郡[編集]

西魏のとき、宣漢県に永昌郡が置かれ、開州に属した。583年開皇3年)、が郡制を廃すると、永昌郡は廃止されて、開州に編入された[7]

徐州永昌郡[編集]

北斉のとき、豊県に永昌郡が置かれた。まもなく廃止された[8]

楚州永昌郡[編集]

北周のとき、大昌県に永昌郡が置かれた。まもなく廃止された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』顕宗紀および南蛮西南夷伝
  2. ^ 『後漢書』郡国志五
  3. ^ 三国志』蜀志後主伝
  4. ^ 晋書』地理志上
  5. ^ 宋書』州郡志四
  6. ^ 南斉書』州郡志下
  7. ^ a b 隋書』地理志上
  8. ^ 旧唐書』地理志一