零陵郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

零陵郡(れいりょう-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の湖南省南西部および広西チワン族自治区北東部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

紀元前111年元鼎6年)、零陵郡が立てられた。前漢の零陵郡は荊州に属し、零陵営道始安夫彝営浦都梁泠道泉陵洮陽鍾武の10県を管轄した。王莽のとき、九疑郡と改められた[1]

後漢が建てられると、零陵郡の称にもどされた。後漢の零陵郡は泉陵・営道・営浦・泠道・洮陽・都梁・夫彝・始安・重安湘郷昭陽烝陽の13県を管轄した[2]

のとき、零陵郡は泉陵・祁陽・零陵・営浦・洮陽・永昌観陽・営道・舂陵・泠道・応陽の11県を管轄した[3]

南朝宋のとき、零陵郡は湘州に属し、泉陵・洮陽・零陵・祁陽・応陽・観陽・永昌の7県を管轄した[4]

南朝斉のとき、零陵郡は泉陵・洮陽・零陵・祁陽・観陽・永昌・応陽の7県を管轄した[5]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、零陵郡は廃止されて、永州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、永州は零陵郡と改称された。零陵郡は零陵・湘源永陽・営道・馮乗の5県を管轄した[6]

621年武徳4年)、唐が蕭銑を平定すると、零陵郡は永州と改められ、零陵・湘源・祁陽・灌陽の4県を管轄した。742年天宝元年)、永州は零陵郡と改称された。758年乾元元年)、零陵郡は永州と改称され、零陵郡の呼称は姿を消した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』地理志上
  2. ^ 後漢書』郡国志四
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ 宋書』州郡志三
  5. ^ 南斉書』州郡志下
  6. ^ 隋書』地理志下
  7. ^ 旧唐書』地理志三