利州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

利州(りしゅう)は、中国にかつて存在した

広元の利州[編集]

本節では、南北朝時代から宋代にかけて、現在の四川省広元市一帯に設置された利州について述べる。

北魏により設置された西益州を前身とする。506年正始3年)に利州と改称された[1]

初には、利州は4郡8県を管轄した。605年大業元年)に廃止された沙州平興郡が統合され、利州は11県を管轄するようになった。607年(大業3年)、郡制施行に伴い、利州は義城郡と改称され、下部に7県を管轄した[2]。隋朝の行政区分に関しては、下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
利州 沙州 義城郡
晋寿郡 新巴郡 恩金郡 宋熙郡 平興郡 綿谷県 益昌県
義城県 葭萌県
嘉河県 歧坪県
景谷県
興安県
益昌県
義城県
晋安県
新巴県 恩金県 嘉川県
歧坪県
平興県
白水県
魚盤県

618年武徳元年)、により義城郡は利州と改められた。742年天宝元年)、利州は益昌郡と改称された。758年乾元元年)、益昌郡は利州と改称された。利州は山南西道に属し、綿谷・胤山・嘉川・葭萌・益昌・景谷の6県を管轄した[3]

のとき、利州は利州路に属し、綿谷・葭萌・嘉川・昭化の4県を管轄した[4]

1277年至元14年)、により広元路が置かれた。広元路は四川等処行中書省に属し、綿谷・昭化の2県と保寧府剣州龍州巴州沔州の4州を管轄した[5]

のとき、利州衛が置かれ、四川都司に属した[6]

遼寧の利州[編集]

本節では、現在の遼寧省朝陽市にあった利州について述べる。998年統和16年)、により利州が置かれた。利州は中京大定府に属し、阜俗県1県を管轄した[7]

のとき、利州は北京路に属し、阜俗・龍山の2県と蘭州寨と漆河鎮を管轄した[8]

広西の利州[編集]

本節では、現在の広西チワン族自治区にあった土司の利州について述べる。宋のとき、利州が建てられ、横山寨に属した。元代も宋制を引き継いだ。利州は岑姓の土官が統治しており、洪武年間に明に帰順し、知州の任を受けた。1427年宣徳2年)、知州の岑顔が頭目の羅嚮を北京に派遣して馬を朝貢した。正統年間、岑顔は泗城州の岑豹と激しく抗争した。1523年嘉靖2年)、利州は泗城州に併合された[9]

脚注[編集]

  1. ^ 太平寰宇記』による。『元和郡県志』では、553年に西魏により改称されたとある。『隋書』地理志上によると、南朝梁が益州(小益州)を黎州と改称し、西魏が益州の称に戻したが、さらに利州に改称したとされる。
  2. ^ 『隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志二
  4. ^ 宋史』地理志五
  5. ^ 元史』地理志三
  6. ^ 明史』兵志二
  7. ^ 遼史』地理志三
  8. ^ 金史』地理志上
  9. ^ 『明史』広西土司三