隴西郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

隴西郡(ろうせい-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から唐代にかけて、現在の甘粛省東南部に設置された。

概要[編集]

戦国時代末期の秦が義渠国を滅ぼして、隴西郡を置いた[1]。秦が中国を統一して三十六郡が置かれると、隴西郡治は狄道県に置かれた。

前漢末には、狄道・上邽安故氐道首陽予道大夏羌道襄武臨洮西の11県を管轄した[2]

王莽のときに厭戎郡と改称されたが、後漢が建てられると、再び隴西郡の称に戻された。隴西郡は涼州の下に置かれた。後漢末に隴西郡は狄道・安故・氐道・首陽・大夏・襄武・臨洮・河関の9県を管轄した[3]

曹魏のとき、隴西郡治は襄武県に移された。曹魏の末年に隴西郡は襄武・首陽・臨洮・狄道・河関・枹罕の6県を管轄した。

西晋が建てられ、司馬泰が隴西王となると、隴西郡は隴西国に改められた[4]296年元康6年)に司馬泰が高密王に改封される[5]と、隴西国は再び隴西郡となった。枹罕県が廃止され、狄道・臨洮・河関の3県が狄道郡に編入されたため、西晋の末年に隴西郡は襄武・首陽の2県を管轄するのみとなった。

五胡十六国前趙後趙のとき、隴西郡は秦州に属した。前秦のとき、河州に属した。後涼では、涼州に属した。後秦では、雍州に属した。西秦では、再び秦州に属した。

530年永安3年)に北魏渭州を立てると、隴西郡は渭州に属した[6]。首陽県は渭源県と改称された。西魏北周もこれを引き継いだ。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、隴西郡はひとたび廃止され、渭州が襄武・隴西・渭源・障・長川の5県を管轄した。607年大業3年)、州が廃止されて郡が置かれると、渭州は隴西郡と改称された。

618年武徳元年)、唐は郡を廃止して州に改めた。このため隴西郡は渭州と改称された。742年天宝元年)、渭州は隴西郡と改称された。758年乾元元年)、隴西郡は渭州と改称され、隴西郡の呼称は姿を消した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』西羌伝
  2. ^ 漢書』地理志下
  3. ^ 後漢書』郡国志五
  4. ^ 晋書』武帝紀
  5. ^ 『晋書』宗室伝
  6. ^ 魏書』地形志二下
  7. ^ 旧唐書』地理志三