臨屯郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紀元前1世紀頃の東夷諸国と臨屯郡の位置
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 AD
伝説 檀君朝鮮
史前 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
前18-660
高句麗
前37-668
新羅
前57-
南北国 熊津安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東
都護府
668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

臨屯郡(りんとんぐん)は、漢朝により朝鮮半島に設置された植民地[1]楽浪郡玄菟郡真番郡と共に漢四郡と称される。

沿革[編集]

前108年衛氏朝鮮を滅ぼした漢朝により幽州刺史部の下に臨屯郡が設置[2]された。15県からなり、その境域はほぼ現在の江原道に該当すると考えられている。郡治の置かれた東暆県(現在の韓国江原道江陵市[3])は長安を去ること6,138里という。

前82年に15県中の9県は廃止となり、残りの6県と玄菟郡の夫租県を合わせた7県は楽浪郡に編入され、臨屯郡は消滅した。

下部行政区[編集]

臨屯郡の下部行政区画
県名 県城所在比定地 備考
東暆県(旧) 江原道江陵市 臨屯郡の郡治所
東暆県(新) 江原道元山市 楽浪郡に編入後[4]の移転地
不而県 江原道安辺郡 楽浪郡に編入後の東部都尉治所
蠶台県 江原道束草市 前82年、楽浪郡に編入
華麗県 咸鏡南道金野郡 前82年、楽浪郡に編入
邪頭昧県 江原道文川市 前82年、楽浪郡に編入
前莫県 江原道高城郡 前82年、楽浪郡に編入
ほか9県 江原道一帯の各地? 楽浪郡に編入されず前82年消滅

※当初は計15県の構成だったという。名前のわかる6県は楽浪郡に編入されたため記録に残ったものである。

異説[編集]

北朝鮮の学界及び韓国の学界の一部では、漢帝国による朝鮮半島併合の事実はなかったとして、漢四郡の位置が実は朝鮮半島の外部(具体的には通説でいう遼東郡の内部)に存在したと主張する。この説の場合の臨屯郡は、金州半島を中心とした遼東半島の南部[5]に該当する。

これらの異説は、北朝鮮の学界では「定説」となっており、韓国でも在野の歴史学界(アマチュアの歴史愛好家)から支持されているが、アメリカや中国や日本の学界では全く認められていない。

注釈[編集]

  1. ^
  2. ^ 前128年元朔元年)に匈奴と衛氏朝鮮の連絡を阻害することを目的に漢朝蒼海郡を設置したが、これを臨屯郡または玄菟郡の前身とする説や、蒼海郡は玄菟郡と臨屯郡に跨っていたとの説などあり、その範囲は不明である。蒼海郡は前126年(元朔3年)に廃止されている。
  3. ^ 北朝鮮江原道元山市一帯とする説も存在する。前82年に楽浪郡に吸収合併された際に東暆県は今の江陵市から元山市に移動したとする折衷説もある。
  4. ^ 李丙燾は移転はなく最初から元山市にあったとする。
  5. ^ 遼東郡の沓氏県は今の遼寧省大連市金州区にあったと考えられている。そこで、沓氏の「沓」と臨屯の「屯」または沓氏の「沓」と東暆の「東」が音通であるとしてここに臨屯郡があったとする。

参考文献[編集]

関連項目[編集]