晋寿郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

晋寿郡(晉壽郡、しんじゅ-ぐん)は、中国にかつて存在した東晋から初にかけて、現在の四川省広元市一帯に設置された。

概要[編集]

390年(東晋の太元15年)、梁州刺史の周瓊の上表により梓潼郡の北部を分割して晋寿郡が立てられた。晋寿郡は梁州に属し、郡治は晋寿県に置かれた。

南朝宋のとき、益州南晋寿郡が僑置かれた。南晋寿郡は晋寿白水南興興安の4県を管轄した[1]

南朝斉のとき、南晋寿郡は南晋寿・白水・南興の3県を管轄した[2]

北魏のとき、益州に東晋寿郡西晋寿郡が置かれた。東晋寿郡は石亭晋安・晋寿の4県を管轄した。西晋寿郡は陰平県1県を管轄した[3]

515年天監14年)、任令宗が北魏の晋寿郡太守を殺して南朝梁に降った[4]。晋寿郡は黎州に転属した。

553年廃帝2年)、西魏蕭紀を攻撃し、晋寿郡を奪った。晋寿郡は再び益州に属し、後に利州に転属した。

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、晋寿郡は廃止されて、利州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、利州が義城郡と改称された。義城郡は綿谷益昌義城葭萌歧坪景谷嘉川の7県を管轄した[5]

618年武徳元年)、により義城郡は利州と改められた。742年天宝元年)、利州は益昌郡と改称された。758年乾元元年)、益昌郡は利州と改称された[6]

僑置晋寿郡[編集]

南晋寿郡[編集]

本節では、現在の四川省彭州市一帯に設置された南晋寿郡について述べる。南朝宋のとき、南晋寿郡が置かれた。南晋寿郡は益州に属し、晋寿・白水・南興・興安の4県を管轄した[1]。南朝斉のとき、南晋寿郡は南晋寿・白水・南興の3県を管轄した[2]

東晋寿郡[編集]

南朝斉のとき、東晋寿郡があった。東晋寿郡は梁州に属したが、属県の記録は残っていない[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宋書』州郡志三
  2. ^ a b c 南斉書』州郡志下
  3. ^ 魏書』地形志二下
  4. ^ 梁書』張斉伝
  5. ^ 隋書』地理志上
  6. ^ 旧唐書』地理志二