金城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金城郡(きんじょう-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の甘粛省蘭州市青海省西寧市および海東市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

紀元前86年前漢始元6年)、天水隴西張掖の3郡から2県ずつを取って、金城郡が置かれた[1]。金城郡は涼州に属し、允吾浩亹令居枝陽金城楡中枹罕白石河関破羌安夷允街臨羌の13県を管轄した[2]

36年後漢建武12年)、金城郡は廃止され、隴西郡に編入された。37年(建武13年)、再び金城郡が設置された[3]110年永初4年)、金城郡の郡治が襄武に移された[4]。金城郡は允吾・浩亹・令居・枝陽・金城・楡中・臨羌・破羌・安夷・允街の10県を管轄した[5]

のとき、金城郡は楡中・允街・金城・白土・浩亹の5県を管轄した[6]

北魏のとき、金城郡は河州に属し、楡中・大夏の2県を管轄した[7]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、金城郡は蘭州と改められ、蘭州総管府が置かれた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、蘭州は金城郡と改称された。金城・狄道の2県を管轄した[8]

619年武徳2年)、唐が薛仁杲を平定すると、金城郡は蘭州と改められた。625年(武徳8年)、蘭州都督府が置かれた。742年天宝元年)、蘭州は金城郡と改称された。758年乾元元年)、金城郡は蘭州と改称され、金城郡の呼称は姿を消した[9]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』昭帝紀
  2. ^ 『漢書』地理志下
  3. ^ 後漢書』光武帝紀下
  4. ^ 『後漢書』孝安帝紀
  5. ^ 『後漢書』郡国志五
  6. ^ 晋書』地理志上
  7. ^ 魏書』地形志二下
  8. ^ 隋書』地理志上
  9. ^ 旧唐書』地理志三