珠崖郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

珠崖郡(朱崖郡、珠厓郡、しゅがい-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の海南省に設置された。

概要[編集]

珠崖郡(海南島)[編集]

前漢南越国を滅ぼした翌年の紀元前110年元封元年)、海南島に珠厓郡と儋耳郡が置かれた。郡が置かれてから紀元前86年始元元年)までの間に、6回の反乱が起こった。紀元前82年始元5年)、儋耳郡を併合した。紀元前59年神爵3年)、珠厓3県が反乱を起こした。紀元前53年甘露元年)、9県が反乱を起こした。紀元前48年初元元年)、また珠厓郡が反乱を起こした。紀元前46年(初元3年)、賈捐之の提議を受けて、珠厓郡は廃止され、その地は放棄された[1]

南朝梁のとき、崖州が置かれた。[2]

607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、崖州は珠崖郡と改称された。珠崖郡は義倫感恩顔盧毗善昌化吉安延徳寧遠澄邁武徳の10県を管轄した[3]

621年武徳4年)、蕭銑に滅ぼされると、珠崖郡は唐の崖州となった。742年天宝元年)、崖州は珠崖郡と改称された。758年乾元元年)、珠崖郡は崖州と改称され、珠崖郡の呼称は姿を消した[4]

珠崖郡(雷州半島)[編集]

242年赤烏5年)、三国呉孫権が将軍の聶友と校尉の陸凱に3万の兵を与えて珠崖・儋耳の地を討たせた[5]。このとき珠崖郡が再び設置された。呉の滅亡後、西晋によって珠崖郡は合浦郡に編入された[6]

431年南朝宋元嘉8年)、再び珠崖郡が設置された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』厳朱吾丘主父徐厳終王賈伝下
  2. ^ 隋書』地理志下
  3. ^ 隋書』地理志下
  4. ^ 旧唐書』地理志四
  5. ^ 三国志』呉書呉主伝
  6. ^ 晋書』地理志下
  7. ^ 宋書』文帝紀