蜀郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蜀郡(しょく-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から唐代にかけて、現在の四川省成都市を中心とした地域に設置された。

概要[編集]

紀元前285年(秦の昭襄王22年)、蜀侯綰が反乱を疑われて処刑されると、蜀郡が置かれた[1]。郡治は成都に置かれた。

前漢のとき、蜀郡は益州に属し、成都・広都臨邛青衣江原厳道緜虒旄牛湔氐道汶江広柔蠶陵の15県を管轄した。前漢末に26万8279戸、124万5929人があった[2]

後漢のとき、蜀郡は成都・郫・江原・繁・広都・臨邛・湔氐道・汶江・蠶陵・広柔・緜虒の11県を管轄した[3]

太康年間、蜀郡は成都国と改められた。後に蜀郡に戻された[4]。蜀郡は成都・広都・繁・江原・臨邛・郫の6県を管轄した[5]南朝宋のとき、蜀郡は成都・郫・牛鞞・繁・永昌の5県を管轄した[6]南朝斉のとき、蜀郡は成都・郫・牛鞞・繁・永昌の5県を管轄した[7]

582年開皇2年)、の西南道行台省が置かれた。583年(開皇3年)、総管府が置かれた。605年大業元年)に総管府が廃止された。蜀郡は成都・双流・新津・晋原・清城・九隴・緜竹・郫・玄武・雒・陽安・平泉・金泉の13県を管轄した[8]

618年武徳元年)、蜀郡は唐の益州となり、総管府が置かれた。742年天宝元年)、益州は蜀郡と改称された。757年至徳2年)、蜀郡は益州と改称され、蜀郡の呼称は姿を消した[9]

脚注[編集]

  1. ^ 華陽国志』蜀志
  2. ^ 班固漢書』地理志第8上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫)、354-356頁。
  3. ^ 後漢書』郡国志五
  4. ^ 宋書』州郡志四
  5. ^ 晋書』地理志上
  6. ^ 宋書』州郡志四
  7. ^ 南斉書』州郡志下
  8. ^ 隋書』地理志上
  9. ^ 旧唐書』地理志四