馬頭郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬頭郡(ばとう-ぐん)は、中国にかつて存在した東晋から北斉にかけて、現在の安徽省蚌埠市一帯に設置された。

概要[編集]

405年(東晋の義熙元年)、もとの淮南郡当塗県の地に馬頭郡が立てられた。馬頭郡は豫州に属し、郡治は馬頭城に置かれた。

473年南朝宋元徽元年)、馬頭郡は徐州に転属した。宋の馬頭郡は済陽の3県を管轄した[1]

南朝斉のとき、馬頭郡は北徐州に属し、己吾県1県を管轄した[2]

549年武定7年)、東魏南朝梁から馬頭郡を奪った。馬頭郡は楚州に属し、平預の2県を管轄した[3]

北斉のとき、馬頭郡は廃止された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 宋書』州郡志一
  2. ^ 南斉書』州郡志上
  3. ^ 魏書』地形志二中
  4. ^ 隋書』地理志中