建平郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建平郡(けんへい-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から初にかけて、現在の重慶市東部および湖北省西部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

260年永安3年)、三国のにより宜都郡が分割されて、建平郡が立てられた[1]。呉の建平郡は荊州に属し、信陵興山秭帰沙渠の4県を管轄した。

いっぽうに建平都尉があり、巫県北井泰昌建始の4県を管轄した。275年咸寧元年)、晋の建平都尉が建平郡と改称された。280年太康元年)、晋が呉を滅ぼすと、両国の建平郡は統合された[2]。晋の建平郡は巫・北井・泰昌・信陵・興山・建始・秭帰・沙渠の8県を管轄した[3]

南朝宋のとき、建平郡は巫・秭帰・帰郷・北井・泰昌・沙渠・新郷の7県を管轄した[2]

480年南朝斉建元2年)、荊州を分割して巴州が置かれると、建平郡は巴州に属した。斉の建平郡は巫・秭帰・北井・泰昌・沙渠・新郷の6県を管轄した[4]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、建平郡は廃止されて、信州に編入された[5]

顕州建平郡[編集]

本節では、現在の山西省呂梁市一帯に設置された建平郡について述べる。北魏永安年間、顕州に建平郡が置かれた。この建平郡は昇原・赤谷の2県を管轄した[6]

寧州建平郡[編集]

南朝斉のとき、寧州に建平郡が置かれた。この建平郡は同楽・同瀬・牧靡・新興・新定・味・同並・万安・昆沢・漏江・談藁・毋単・存䣖の13県を管轄した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』呉書三嗣主伝
  2. ^ a b 宋書』州郡志三
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ a b 南斉書』州郡志下
  5. ^ 隋書』地理志上
  6. ^ 魏書』地形志二上