遼東郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紀元前1世紀頃の東夷諸国と遼東郡の位置
中国地名の変遷
建置 戦国時代
使用状況 唐代に廃止
遼東郡
前漢遼東郡
遼東郡
後漢遼東郡
三国遼東郡
西晋遼東郡
東晋十六国遼東郡
南北朝遼東郡
遼東郡
営州

遼東郡(りょうとう-ぐん、拼音: Liáodōngjùn)は、かつて中国に存在した。現在の遼寧省の一部と朝鮮の一部に相当する。

沿革[編集]

先秦時代[編集]

戦国時代が北方の異民族を防ぐ目的で上谷郡漁陽郡右北平郡遼西郡遼東郡を初めて設置した。

秦代[編集]

紀元前222年が燕を滅ぼすと、引き続き燕の故地に上谷郡・漁陽郡・右北平郡・遼西郡・遼東郡が設置された。秦の滅亡後(前206年)、一度は遼東国

漢代[編集]

夫余国の行政区画は遼東郡に編入された。

晋代[編集]

西晋からその地には遼東国が形成された。

南北朝時代[編集]

高句麗国に編入された。

隋代[編集]

612年大業8年)、隋朝は遼東郡を設置した。

唐代[編集]

営州に編入された。

参考資料[編集]

  • 史記』(匈奴列伝)
  • 漢書』(地理志第八下)
  • 後漢書』(郡国志第二十三)
  • 晋書』(地理志上)
  • 魏書』(志第五 地形二上)
  • 隋書』(志第二十五 地理中)
  • 旧唐書』(志第十九 地理三)
  • 太平寰宇記』(卷七十一 河北道二十)