興古郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

興古郡(こうこ-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から唐代にかけて、現在の雲南省南東部に設置された。

概要[編集]

225年建興3年)、蜀漢諸葛亮の上書により建寧郡牂牁郡が分割されて、興古郡が立てられた[1]。興古郡は益州に属し、郡治は宛温県に置かれた。

271年泰始7年)、寧州が立てられると、興古郡は寧州に転属した。晋の興古郡は律高句町・宛温・漏臥毋棳賁古勝休鐔封漢興進桑都夢の11県を管轄した[2]

南朝宋のとき、興古郡は漏臥・宛暖・律高・西安・句町・南興の6県を管轄した[3]

南朝斉のとき、興古郡は西中・宛暖・律高・句町・漏臥・南興の6県を管轄した[4]

南朝梁のとき、興古郡は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』蜀書後主伝
  2. ^ 晋書』地理志上
  3. ^ 宋書』州郡志四
  4. ^ 南斉書』州郡志下