汝南郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

汝南郡(じょなん-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の河南省東南部および安徽省阜陽市一帯に設置された。

概要[編集]

前漢高祖のときに、汝南郡が置かれた。汝南郡は豫州に属し、平輿陽安陽城㶏強富波汝陽鮦陽呉房安成南頓朗陵細陽宜春汝陰新蔡新息灈陽期思慎陽召陵弋陽西平上蔡𥧲西華長平宜禄新郪帰徳新陽安昌安陽博陽成陽定陵の37県を管轄した。『漢書』によれば前漢の末に46万1587戸、259万6148人があった[1]

王莽のとき、汝汾郡と改称し、一部を分けて賞都郡とした[2]

後漢が建国されると、元の汝南郡にもどされた。汝南郡は平輿・新陽・西平・上蔡・南頓・汝陰・汝陽・新息・北宜春・㶏強・灈陽・期思・陽安・項・西華・細陽・安城・呉房・鮦陽・慎陽・慎・新蔡・安陽・富波・宜禄・朗陵・弋陽・召陵・征羌・思善・宋・褒信・原鹿・定潁・固始・山桑・城父の37県を管轄した[3]

のとき、汝南郡は新息・南安陽・安成・慎陽・北宜春・朗陵・陽安・上蔡・平輿・定潁・灈陽・南頓・汝陽・呉房・西平の15県を管轄した[4]

南朝宋のとき、汝南郡は豫州あるいは南豫州に属し、上蔡・平楽・北新息・慎陽・安成・南新息・朗陵・陽安・西平・灈陽・安陽の11県を管轄した[5]

北魏のとき、汝南郡は豫州に属し、上蔡・臨汝・平輿・安城・西平・灈陽・陽安・保城の8県を管轄した[6]

580年大象2年)、北周により舒州が置かれると、汝南郡は舒州に属した。

が建国されると、舒州は豫州と改められ、汝南郡は豫州に属した。583年開皇3年)、が郡制を廃すると、汝南郡は廃止されて、豫州に編入された。602年仁寿2年)に豫州は溱州と改称され、606年大業2年)に蔡州と改称された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、蔡州は汝南郡と改称された。汝陽・城陽・真陽・新息・褒信・上蔡・平輿・新蔡・朗山・呉房・西平の11県を管轄した[7]

621年武徳4年)、唐が王世充を平定すると、汝南郡は豫州と改められ、豫州総管府が置かれた。742年天宝元年)、豫州は汝南郡と改称された。758年乾元元年)、汝南郡は豫州と改称され、汝南郡の呼称は姿を消した[8]

脚注[編集]

  1. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、298-300頁。
  2. ^ 班固『漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、298頁、373頁注173。
  3. ^ 後漢書』郡国志二
  4. ^ 『晋書』地理志上
  5. ^ 『宋書』州郡志二
  6. ^ 魏書』地形志二中
  7. ^ 隋書』地理志中
  8. ^ 旧唐書』地理志一