驩州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

驩州(かんしゅう)は、中国王朝がかつてベトナムに置いた隋代から明代にかけて、現在のゲアン省南部およびハティン省一帯に設置された。

概要[編集]

南朝梁により設置された徳州を前身とする。

598年開皇18年)、により徳州は驩州と改称された。驩州は九徳咸驩浦陽越常金寧交谷安遠光安の8県を管轄した。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、驩州は日南郡と改称された[1]

622年武徳5年)、により日南郡は南徳州と改められた。625年(武徳8年)、南徳州は徳州と改称された。627年貞観元年)、徳州は驩州と改められた。742年天宝元年)、驩州は日南郡と改称された。758年乾元元年)、日南郡は驩州と改称された。驩州は嶺南道に属し、九徳・浦陽・懐驩越裳の4県を管轄した[2]

931年楊廷芸南漢から自立し、北ベトナムの中国支配が終わった。楊廷芸は牙将の丁公著(丁部領の父)を驩州刺史に任じた。

前黎朝黎桓のとき、黎龍鍉が驩州刺史をつとめた。

李朝李公蘊のとき、李公顕が驩州刺史をつとめた。李太宗のとき、李偓佺が驩州刺史をつとめた[3]1036年、驩州は乂安州と改められた。

1407年永楽5年)、永楽帝がベトナムに侵攻し、驩州が置かれた。驩州は乂安府に属し、石塘東岸沙南路平の4県を管轄した。1424年藍山の義軍が乂安で明軍を撃破し、驩州は黎利の支配下に入った。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志四
  3. ^ 宋史』外国伝四