会寧州 (甘粛省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

会寧州(かいねいしゅう)は中国にかつて存在した州。

西魏末、宇文泰が現在の中華人民共和国甘粛省へ進軍した際、靖遠県一帯に設置した会州を前身とする。562年保定2年)、北周は会州を廃止し代わりに会寧防を設置、隋朝が成立すると581年開皇元年)には会寧鎮と改称されている。

619年武徳2年)、唐朝は会寧鎮を州に昇格させ西会州を設置した。634年貞観8年)には一時粟州と改称されたが、同年末に再び会州に戻されている。晩唐意向は吐蕃西夏の支配下に入ったが、1099年元符2年)に北宋が一時奪還したが、1183年淳熙10年)には再び西夏により占領された。

金朝が興ると西夏に支配される会州の僑州として会川城(現在の甘粛省靖遠県南西部)に会州が設置され新会州と称され一時期2つの会州が並存した。元朝が興ると会州は州治が西寧県に移され、1270年至元7年)以降は鞏昌都総帥府に属した。1352年(至正12年)、会州は会寧州と改称され州治は会寧県に設置された。明朝が成立するとまもなく会寧州は廃止された。