京兆府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京兆府(けいちょうふ)は、中国にかつて存在した唐代から初にかけて、現在の陝西省西安市一帯に設置された。

概要[編集]

京兆郡初の雍州を前身とする。

713年開元元年)、雍州は京兆府と改められた。742年天宝元年)、西京とされた。京兆府は関内道に属し、万年長安藍田渭南昭応三原富平櫟陽咸陽高陵涇陽醴泉雲陽興平武功好畤盩厔奉先奉天華原美原同官の23県を管轄した[1]

北宋のとき、京兆府は永興軍路に属し、長安・樊川・鄠・藍田・咸陽・涇陽・櫟陽・高陵・興平・臨潼・醴泉・武功・乾祐の13県を管轄した[2]

のとき、京兆府は京兆府路に属し、長安・咸寧・興平・涇陽・臨潼・藍田・雲陽・高陵・終南・櫟陽・鄠・咸陽の12県を管轄した[3]

1279年至元16年)、により京兆府は安西路総管府と改称された。1312年皇慶元年)、安西路は奉元路と改められた。奉元路は陝西等処行中書省に属し、咸寧・長安・咸陽・興平・臨潼・藍田・涇陽・高陵・鄠・盩厔・の11県と同州華州耀州乾州商州の5州を管轄した[4]

1369年洪武2年)、奉元路は西安府と改称された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志一
  2. ^ 宋史』地理志三
  3. ^ 金史』地理志下
  4. ^ 元史』地理志三
  5. ^ 明史』地理志三