楊廷芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楊廷芸
各種表記
クォック・グー Dương Đình Nghệ
漢字チュノム 楊廷藝
北部発音: ズオン・ディン・ゲ
音読み よう ていげい
テンプレートを表示

楊 廷芸(よう ていげい[1]、ズオン・ディン・ゲ、ベトナム語: Dương Đình Nghệ / 楊廷藝、生年不詳 - 大有10年(937年)3月)は、五代十国時代安南の豪族。節度使[2]を称した[3]。後に呉朝を打ち立てた呉権の岳父にあたる[2]

生涯[編集]

愛州中国語版(現在のタインホア[2]の出身。10世紀初頭の安南で静海軍節度使中国語版を称した曲顥の下で将軍に上った[3]大有3年(930年)、曲顥の子の曲承美南漢の李守梁克貞中国語版らの軍に敗れて捕らえられた。翌大有4年(931年)、南漢に背いて自立した楊廷芸は3,000の兵を率いて大羅城を攻略[2]し、交州刺史の李進を追放した[4][5]。大有10年(937年)3月、峰州中国語版の豪族であった矯公羨に殺された[3][4][5]

出典[編集]

  1. ^ 『アジア歴史事典』9、平凡社編、平凡社1984年4月(原著1960年)、新装復刊版、126頁。ISBN 978-4582108002
  2. ^ a b c d 小倉貞夫 『物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』 中公新書、57−58頁。ISBN 4-12-101372-7
  3. ^ a b c 大越史記全書』外紀巻之五 南北分争紀
  4. ^ a b 新五代史』巻六十五 南漢世家第五
  5. ^ a b ベトナム史略』 第1巻 第2部 第5章 第三次北属