新五代史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新五代史』(しんごだいし)は、北宋欧陽脩による歴史書。元の名を『五代史記』といい、皇祐5年(1053年)書となった。私撰であるため家に蔵されていたが、撰を終えた後に朝廷に献上された。乾隆の時、薛居正の『旧五代史』と共に正史とするため、欧陽脩の史は『新五代史』と改称された。本紀12巻、列伝45巻、考3巻、世家及年譜11巻、四夷附録3巻の合わせて74卷[1]後梁開平元年(907年)から後周顕徳7年(960年)までの歴史が記載されている。

現在の歴史学会の評価として、杉山正明のまとめた説によると、「事実誤認も多い上、著者の癖が強く、司馬光資治通鑑のようなあからさまなウソはないものの、創作も混じっており、旧五代史に比べて良質な史料とは言いがたい」とされている[2]。また、山崎覚士からは本来、五代王朝節度使に過ぎない荊南節度使をあたかも別の国家(荊南)のように記載して「十国」としたのは欧陽脩個人の史観に過ぎないとする指摘もある[3]

内容[編集]

本紀[編集]

  1. 梁本紀第一 - 太祖
  2. 梁本紀第二 - 太祖下
  3. 梁本紀第三 - 末帝
  4. 唐本紀第四 - 荘宗
  5. 唐本紀第五 - 荘宗下
  6. 唐本紀第六 - 明宗
  7. 唐本紀第七 - 閔帝廃帝
  8. 晋本紀第八 - 高祖
  9. 晋本紀第九 - 出帝
  10. 漢本紀第十 - 高祖隠帝
  11. 周本紀第十一 - 太祖
  12. 周本紀第十二 - 世宗恭帝

[編集]

  1. 梁家人伝第一 - 王皇后張皇后朱全昱朱友諒朱友能朱友誨朱存朱友寧朱友倫朱友裕朱友文朱友孜
  2. 唐太祖家人伝第二 - 劉皇后李克譲李克脩李克恭李克寧李継岌李継潼李継嵩李継嶦李継嶢
  3. 唐明宗家人伝第三 - 曹皇后魏皇后李従璟李従栄李従璨李従璋李従温李従敏
  4. 唐廃帝家人伝第四 - 劉皇后李重吉李重美
  5. 晋家人伝第五 - 石敬威石敬贇石敬暉石重英石重信石重乂石重睿石重杲石延煦石延宝
  6. 漢家人伝第六 - 劉崇劉信劉承訓劉承祐劉承勲
  7. 周太祖家人伝第七 - 柴皇后
  8. 周世宗家人伝第八 - 柴守礼劉皇后符皇后柴誼柴誠柴熙讓柴熙謹柴熙誨
  9. 梁臣伝第九 - 敬翔朱珍龐師古葛従周霍存張存敬符道昭劉捍寇彦卿
  10. 梁臣伝第十 - 康懐英劉鄩牛存節張帰霸王重師徐懐玉
  11. 梁臣伝第十一 - 楊師厚王景仁賀瓌王檀馬嗣勲王虔裕謝彦章
  12. 唐臣伝第十二 - 郭崇韜安重誨
  13. 唐臣伝第十三 - 周徳威符存審史建瑭王建及元行欽安金全袁建豊西方鄴
  14. 唐臣伝第十四 - 符習烏震孔謙張延朗李嚴李仁矩毛璋
  15. 唐臣伝第十五 - 朱弘昭馮贇劉延朗康思立康義誠薬彦稠
  16. 唐臣伝第十六 - 豆盧革盧程任圜趙鳳李襲吉張憲蕭希甫劉賛何瓚
  17. 晋臣伝第十七 - 桑維翰景延広呉巒
  18. 漢臣伝第十八 - 蘇逢吉史弘肇楊邠王章劉銖李業聶文進後贊郭允明
  19. 周臣伝第十九 - 王朴鄭仁誨扈載
  20. 死節伝第二十 - 王彦章裴約劉仁贍
  21. 死事伝第二十一 - 張源徳夏魯奇姚洪王思同張敬達翟進宗張万迪沈斌王清史彦超孫晟
  22. 一行伝第二十二 - 鄭遨張薦明石昂程福贇李自倫
  23. 唐六臣伝第二十三 - 張文蔚楊渉張策趙光逢薛貽矩蘇循
  24. 義児伝第二十四 - 李嗣昭李嗣本李嗣恩李存信李存孝李存進李存璋李存賢
  25. 伶官伝第二十五 - 周匝敬新磨景進史彦瓊郭従謙
  26. 宦者伝第二十六 - 張承業張居翰
  27. 雑伝第二十七 - 王鎔羅紹威王処直劉守光
  28. 雑伝第二十八 - 李茂貞韓建李仁福韓遜楊崇本高万興温韜
  29. 雑伝第二十九 - 盧光稠譚全播雷満鍾伝趙匡凝
  30. 雑伝第三十 - 朱瑄王師範李罕之孟方立王珂趙犨馮行襲
  31. 雑伝第三十一 - 氏叔琮李彦威李振裴迪韋震孔循孫徳昭王敬蕘蒋殷
  32. 雑伝第三十二 - 劉知俊丁会賀徳倫閻宝康延孝
  33. 雑伝第三十三 - 張全義朱友謙袁象先朱漢賓段凝劉玘周知裕陸思鐸
  34. 雑伝第三十四 - 趙在礼霍彦威房知温王晏球安重霸王建立康福郭延魯
  35. 雑伝第三十五 - 華温琪萇従簡張筠楊彦詢李周劉処譲李承約張希崇相里金張廷蘊馬全節皇甫遇安彦威李瓊劉景巌
  36. 雑伝第三十六 - 盧文進李金全楊思権尹暉王弘贄劉審交王周高行周白再栄安叔千
  37. 雑伝第三十七 - 翟光鄴馮暉皇甫暉唐景思王進常思孫方諫
  38. 雑伝第三十八 - 王峻王殷劉詞王環折従阮
  39. 雑伝第三十九 - 朱守殷董璋范延光婁継英安重栄安従進楊光遠
  40. 雑伝第四十 - 杜重威李守貞張彦沢
  41. 雑伝第四十一 - 王景崇趙思綰慕容彦超
  42. 雑伝第四十二 - 馮道李琪鄭玨李愚盧導司空頲
  43. 雑伝第四十三 - 劉昫盧文紀馬胤孫姚顗劉岳馬縞崔居倹崔梲李懌
  44. 雑伝第四十四 - 和凝趙瑩馮玉盧質呂琦薛融何沢王権史圭龍敏
  45. 雑伝第四十五 - 李崧李鏻賈緯段希堯張允王松裴皞王仁裕裴羽王延馬重績趙延義

[編集]

  1. 司天考第一 -
  2. 司天考第二 -
  3. 職方考第三 -

世家[編集]

  1. 呉世家第一 -
  2. 南唐世家第二 - 南唐
  3. 前蜀世家第三 - 前蜀
  4. 後蜀世家第四 - 後蜀
  5. 南漢世家第五 - 南漢
  6. 楚世家第六 -
  7. 呉越世家考第七 - 呉越
  8. 閩世家第八 -
  9. 南平世家第九 - 荊南
  10. 東漢世家第十 - 北漢
  11. 十国世家年譜第十一 -

附録[編集]

  1. 四夷附録第一 契丹上 - 契丹
  2. 四夷附録第二 契丹下 - 契丹
  3. 四夷附録第三 - 吐渾達靼党項突厥吐蕃回鶻于闐高麗渤海新羅黒水靺鞨南詔蛮牂牁蛮昆明占城

脚注[編集]

  1. ^ History of the Five Dynasties”. World Digital Library (1280-1368). 2013年9月5日閲覧。
  2. ^ 杉山「中国の歴史8 疾駆する草原の征服者」講談社、2005 による
  3. ^ 「五代の〈中国〉と平王」(初出:宋代史研究会研究報告第九集『「宋代中国」の相対化』(汲古書院、2009年/所収:山崎『中国五代国家論』(思文閣出版、2010年))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]