曲承美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曲承美
各種表記
クォック・グー Khúc Thừa Mỹ
漢字チュノム 曲承美
北部発音: クック・トゥア・ミー
音読み きょく しょうび
テンプレートを表示

曲 承美(きょく しょうび、生没年不詳)は、五代十国時代の静海軍節度使

生涯[編集]

貞明3年(917年)に父曲顥が死去すると静海軍節度使を継ぎ、後梁からその地位を認められた。かねてから交趾を欲していた南漢の高祖は曲承美に臣従するように迫ったが、曲承美は南漢を「偽廷」と罵って拒否したため、劉の怒りを買った。

長興元年(930年[1]李守梁克貞ら率いる南漢軍に交趾を攻撃され、敗れた。捕らえられた曲承美は広州に連行されて、劉の前に引き出された。平伏する曲承美に対して劉はその罪を許した。劉李進交州刺史に任じて交趾をその支配下に置いた。

脚注[編集]

  1. ^ 新五代史』による。『大越史記全書』では同光元年(923年)のこととしている。
先代:
曲顥
静海軍節度使
917年 - 930年
次代:
滅亡