寿州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寿州(じゅしゅう)は中国にかつて存在した州。

魏晋南北朝時代[編集]

古称を豫州と称したが、南北朝時代になると南北両朝の支配権が頻繁に入れ替わり、北魏により揚州により南豫州東魏により揚州により豫州北周により揚州と頻繁に改称されている。

隋代[編集]

隋朝が成立すると揚州は6郡9県を管轄した。589年開皇9年)に寿州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い寿州は淮南郡と改称され下部に5県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下表を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
揚州 霍州 淮南郡
淮南郡 梁郡 北譙郡 汝陰郡 陳留郡 北陳郡 安豊郡 寿春県 安豊県
小黄県 長平県
霍丘県
寿春県 蒙県 北譙県 汝陰県 浚儀県
小黄県
雍丘県
長平県
西華県
安豊県
松滋県

注釈[編集]