帰順州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帰順州(歸順州、きじゅんしゅう)は、中国にかつて存在した

契丹羈縻州の帰順州[編集]

本節では、唐代に現在の北京市順義区にあたる地域に設置された帰順州について述べる。

648年貞観22年)、契丹の別帥の析紇便部を帰順させて、弾汗州を置いた。716年開元4年)、弾汗州が帰順州と改められた。742年天宝元年)、帰順州は帰化郡と改称された。758年乾元元年)、帰化郡は帰順州の称にもどされた。帰順州は河北道に属し、懐柔県1県を管轄した[1][2]。唐末に帰順州は順州と改められた[3]

党項羈縻州の帰順州[編集]

本節では、唐代に党項羈縻州として設置された帰順州について述べる。762年宝応元年)、この地が党項から唐に帰順したことから立てられた。この帰順州は静辺州都督府に属した[2]

広西の帰順州[編集]

本節では、唐代から民国初年にかけて、現在の広西チワン族自治区靖西市一帯に設置された帰順州について述べる。

もとは帰淳州といい、元和初年に帰順州と改められた。帰順州は邕州都督府に属し[2]、唐末に廃止された。

1363年至正23年)、により帰順州が再び設置された。帰順州は鎮安路に属した。

洪武初年、帰順州は廃止され、帰順洞に降格された。1496年弘治9年)、帰順州が再び置かれ、鎮安府に属した。嘉靖初年、帰順州は広西等処承宣布政使司に直属した[4]。帰順州は岑氏が土官として代々これを統治した[5]1525年(嘉靖4年)、帰順州は思恩府に属した。

1729年雍正7年)、改土帰流により帰順州は鎮安府に転属した。1886年光緒12年)、帰順州は広西省の直隷州となった。帰順州は鎮辺県下雷土州の1県1土州を管轄した[6]

1913年中華民国により帰順府は廃止され、靖西県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志二
  2. ^ a b c 新唐書』地理志七下
  3. ^ 遼史』地理志四
  4. ^ 明史』地理志六
  5. ^ 『明史』広西土司伝三
  6. ^ 清史稿』地理志二十