扶州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

扶州(ふしゅう)は中国にかつて存在した州。

南北朝時代[編集]

北魏により設置された寧州を前身とする。西魏により鄧州と改められた。

隋代[編集]

隋朝が成立すると当初は鄧州が設置され4郡4県を管轄した。583年開皇3年)に扶州が廃止されその管轄区域が移管された。587年開皇7年)に扶州と改称、606年(大業2年)の芳州廃止に伴いその管轄地域が移管された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い渠州は同昌郡と改称され下部に7県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
鄧州 扶州 芳州 同昌郡
鄧寧郡 鉗川郡 封統郡 昌寧郡 竜潤郡 深泉郡 恒香郡 尚安県 鉗川県
同昌県 帖夷県
嘉誠県 金崖県
封徳県 常芬県
丹隣県
尚安県 鉗川県 同昌県 帖夷県 嘉誠県
金崖県
封徳県
理定県
常芬県
恒香県

隋書』によれば607年大業3年)、隋朝は扶州を廃止、嘉城県及び金崖県鄧州に、交川県及び江潭県はそれぞれ会州に移管された。同年に鄧州が扶州と改称されているが両者は同名州であるが、別行政区画である。

関連項目[編集]