ケン為郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
犍為郡から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「犍為郡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

犍為郡(けんい-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から隋代にかけて、現在の貴州省および雲南省東部と四川省南部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

紀元前135年建元6年)、漢の郎中将の唐蒙が軍を率いて夜郎国に入り、夜郎侯多同と会見すると、漢の役人を置くことを約束させた。唐蒙が帰朝すると、その地に犍為郡が立てられた[1]

前漢の犍為郡は益州に属し、僰道江陽武陽南安資中牛鞞南広漢陽存䣖朱提堂琅の12県を管轄した。王莽のとき、西順郡と改められた[2]

後漢が建てられると、犍為郡の称にもどされた。後漢の犍為郡は武陽・資中・牛鞞・南安・僰道・江陽・符節・南広・漢安の9県を管轄した[3]

のとき、犍為郡は武陽・南安・僰道・資中・牛鞞の5県を管轄した[4]

南朝宋のとき、犍為郡は武陽・南安・資中・僰道・冶官の5県を管轄した[5]

南朝斉のとき、犍為郡は僰道・南安・資中・冶官・武陽の5県を管轄した[6]

南朝梁のとき、戎州が置かれ、犍為郡は戎州に属した。

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、犍為郡は廃止されて、戎州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、戎州は犍為郡と改称された。犍為郡は僰道・犍為南渓開辺の4県を管轄した[7]

618年武徳元年)、により犍為郡は戎州と改められ、犍為郡の呼称は姿を消した[8]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』西南夷伝
  2. ^ 『漢書』地理志上
  3. ^ 後漢書』郡国志五
  4. ^ 『晋書』地理志上
  5. ^ 『宋書』州郡志四
  6. ^ 『南斉書』州郡志下
  7. ^ 隋書』地理志上
  8. ^ 旧唐書』地理志四