梁郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梁郡(りょう-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から隋代にかけて、現在の河南省東部と安徽省北部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

の碭郡を前身とした。

紀元前202年前漢高帝5年)、彭越がこの地に封じられ、梁国が立てられた。紀元前196年(高帝11年)、梁王彭越が謀反の罪で処断されると、高祖の子の劉恢が梁王に封じられた[1]。後に呂産や劉揖が入封した。梁国は豫州に属し、杼秋己氏下邑睢陽の8県を管轄した。王莽のとき、陳定郡と改められた[2]

新末に梁王劉永が割拠すると、梁国の称にもどされた。29年後漢建武4年)、劉永の子の劉紆が殺害されて、光武帝が梁国を平定する[3]と、梁郡に改められた。79年建初4年)、汝南王劉暢が梁王に封じられ、再び梁国が立てられた[4]。梁国は下邑・睢陽・虞・碭・蒙・穀熟・己氏・寧陵の9県を管轄した[5]

曹魏が建てられると、梁国は廃止され、梁郡に改められた。232年太和6年)、元城王曹悌が梁王に封じられる[6]と、また梁国が立てられた。

265年泰始元年)、西晋が建国されると、司馬肜が梁王に封じられた[7]。梁国は睢陽・蒙・虞・下邑・寧陵・穀熟・陳・項・長平・陽夏・武平・苦の12県を管轄した[8]

南朝宋のとき、梁郡は下邑・碭の2県を管轄した[9]

北魏のとき、梁郡は南兗州に属し、襄邑・睢陽の3県を管轄した[10]

596年開皇16年)、隋が宋州を立てた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、宋州は梁郡と改称された。宋城・雍丘・襄邑・寧陵・虞城・穀熟・陳留・下邑・考城・楚丘・碭山・圉城・柘城の13県を管轄した[11]

621年武徳4年)、唐が王世充を平定すると、梁郡は宋州と改められ、梁郡の呼称は姿を消した[12]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』高帝紀下
  2. ^ 『漢書』地理志下
  3. ^ 後漢書』光武帝紀上
  4. ^ 『後漢書』孝章帝紀上
  5. ^ 『後漢書』郡国志二
  6. ^ 三国志』魏書武文世王公伝
  7. ^ 晋書』世祖紀
  8. ^ 『晋書』地理志上
  9. ^ 宋書』州郡志二
  10. ^ 魏書』地形志二中
  11. ^ 隋書』地理志中
  12. ^ 旧唐書』地理志一