京兆尹 (陝西省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京兆尹(けいちょういん)は、中国の前漢から後漢時代に置かれた行政区画である。他地方のに相当する。現在の中華人民共和国陝西省の一部を占める。京兆尹は当該行政区画を監督する官名でもある(官名に関しては京兆尹を参照)。

秦代における内史を前身とする。前漢が成立すると高祖元年(前206年)に塞国を置いた。翌年渭南郡と改称したが、高祖9年(前198年)に再び内史の管轄とされた。建元6年(前135年)に内史が左右に分割された際に右内史の管轄とされ、太初元年(前104年)に京兆尹と改称された[1]。前漢の都城である長安付近の県を管轄し、隣接する左馮翊右扶風とともに三輔と呼ばれて重視された。

の時代の天鳳2年(紀元17年)4月、京兆尹を含めた三輔が廃止になり、三輔の地は1郡が10県を擁する6郡に分けられた[2]。紀元23年に新が滅亡すると、この変更は取り消された。

後漢にも変更はなかったが、都城が洛陽に置かれたため、重要性は下がった。さらに、三国の時代になると京兆郡と改められた。

1年元始時点では県数12、戸数195,702、人口682,468(『漢書』地理志[1])、140年永和5年)時点では県数10、戸数208,486、人口1,010,827(『後漢書』地理志)であった。

京兆尹の管轄県変遷
前漢
12県
新朝
12県
後漢
10県
長安県 常安県 長安県
新豊県
船司空県 船利県 -
藍田県
鄭県
芷陽県覇陵県 水章県 覇陵県
杜県杜陵県 饒安県 杜陵県
下邽県
南陵県 -
奉明県 -
左馮翊管轄) 長陵県
左馮翊管轄) 陽陵県
胡県湖県 弘農郡管轄)
華陰県 華壇県 弘農郡管轄)
弘農郡管轄 商県
弘農郡管轄 上雒侯国

脚注[編集]

  1. ^ a b 班固『漢書』地理志第八上。ちくま学芸文庫『漢書』3、276頁。
  2. ^ 『漢書』王莽伝第69中、天鳳2年4月条。ちくま学芸文庫『漢書』391 - 392頁。『三輔黄図』巻之一、三輔治所。陳直『三輔黄図校証』5頁。何清谷『三輔黄図校釈』13頁。

参考文献[編集]