膠東郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

膠東郡(こうとう-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から漢代にかけて、現在の山東省青島市一帯に設置された。

概要[編集]

秦代に琅邪郡を分割して、膠東郡が置かれた[1]

紀元前206年項羽により田巿が膠東王に封じられ、膠東国が置かれた。田巿が田栄に殺害されると、膠東国は消滅した[2]

前漢の初年、斉国に属した。紀元前164年文帝16年)、白石侯劉雄渠が膠東王となり、膠東国が置かれた[3]紀元前154年景帝3年)、膠東王劉雄渠が呉楚七国の乱に参加して敗れると、膠東国は膠東郡と改められた。紀元前153年(景帝4年)、劉徹が膠東王となり、膠東郡は膠東国と改められた[4]。膠東国は青州に属し、即墨昌武下密壮武郁秩観陽鄒盧の8県を管轄した。王莽のとき、郁秩郡と改められた[5]

24年更始2年)、更始帝朱鮪を膠東王に封じ、膠東国が置かれた[6]37年後漢建武13年)、膠東国は廃止され、北海郡に編入された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 辛徳勇「秦始皇三十六郡新考」
  2. ^ 史記』項羽本紀
  3. ^ 『史記』恵景間侯者年表
  4. ^ 『史記』孝景本紀
  5. ^ 漢書』地理志下
  6. ^ 後漢書』劉玄劉盆子列伝
  7. ^ 『後漢書』郡国志四