南陽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南陽郡(なんよう-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から唐代にかけて、現在の河南省南陽市湖北省随州市棗陽市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

紀元前272年(秦の昭襄王35年)、秦の白起を攻撃し、を占領すると、南陽郡が置かれた[1]

前漢のとき、南陽郡は荊州に属し、宛・杜衍育陽博山涅陽堵陽山都蔡陽新野築陽棘陽武当舞陰西鄂安衆冠軍比陽平氏朝陽魯陽舂陵新都湖陽紅陽楽成博望復陽の36県を管轄した。『漢書』によれば、前漢末に35万9316戸、人口194万2051人があった[2]

後漢のとき、南陽郡は宛・冠軍・葉・新野・新都・章陵・西鄂・雉・魯陽・犨・堵陽・博望・舞陰・比陽・復陽・平氏・棘陽・湖陽・随・育陽・涅陽・陰・酇・鄧・山都・酈・穣・朝陽・蔡陽・安衆・築陽・武当・順陽・成都・襄郷・南郷・丹水・析の37県を管轄した[3]

のとき、一部が義陽郡として分割された。のとき、南陽郡は南陽国となり、宛・西鄂・雉・魯陽・犨・淯陽・博望・堵陽・葉・舞陰・比陽・涅陽・冠軍・酈の14県を管轄した[4]恵帝の代に改めて、新野郡が分割された。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、南陽郡は鄧州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、鄧州は南陽郡と改称された。穣・新野・南陽・課陽・順陽・冠軍・菊潭・新城の8県を管轄した[5]

619年武徳2年)、南陽郡は唐の鄧州となった。742年天宝元年)、鄧州は南陽郡と改称された。758年乾元元年)、南陽郡は鄧州と改称され、南陽郡の呼称は姿を消した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』秦本紀
  2. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、298-300頁。
  3. ^ 後漢書』郡国志四
  4. ^ 晋書』地理志下
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 旧唐書』地理志二