乾元 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

乾元(けんげん)は中国代の元号のひとつ。粛宗の治世の2番目として使用された。この元号への改元に伴って、としの数え方が「載」から「年」に戻された。

西暦・干支との対照表[編集]

乾元 元年 2年 3年
西暦 758年 759年 760年
干支 壬午 癸未 甲申

他元号との対照表[編集]

乾元 元年 2年 3年
天成2 天成3
応天
順天
順天2
日本 宝字2 宝字3 宝字4
渤海 大興21 大興22 大興23
南詔 賛普鐘7 賛普鐘8 賛普鐘9

関連項目[編集]


前の元号:
至徳
中国の元号
次の元号:
上元