魏興郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魏興郡(ぎこう-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から初にかけて、現在の陝西省安康市湖北省十堰市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

文帝のとき、漢中の遺民で東垂にいた者たちに魏興郡を立てさせた[1]237年景初元年)、魏興郡の魏陽県鍚郡安富県上庸県を分割して上庸郡を立てた。鍚郡を廃止して、鍚県を魏興郡に属させた[2]

のとき、魏興郡は荊州に属し、興晋安康西城・鍚・長利洵陽の6県を管轄した[3]

南朝宋のとき、魏興郡は西城・鄖郷・鍚・広城・興晋・旬陽・上廉長楽広昌安晋延寿宣漢の12県を管轄した[1]

南朝斉のとき、魏興郡は西城・旬陽・興晋・広昌・南広城・広城の6県を管轄した[4]

さかのぼって439年太延5年)、北魏により魏興郡が置かれた。北魏の魏興郡は洛州に属し、陽亭県を管轄した[5]。この魏興郡は南朝統治下の魏興郡とは別の地に立てられたものである。

552年廃帝元年)、西魏王雄南朝梁から上津郡と魏興郡を奪い、その地に東梁州を置いた。554年(廃帝3年)、東梁州は金州と改められた[6]北周の魏興郡は金州に属した。

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、魏興郡は廃止されて、金州に編入された[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宋書』州郡志三
  2. ^ 三国志』魏書明帝紀
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ 南斉書』州郡志下
  5. ^ 魏書』地形志二下
  6. ^ 周書』武帝紀下
  7. ^ 隋書』地理志上