漢嘉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漢嘉郡(かんか-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から晋代にかけて、現在の四川省雅安市一帯に設置された。

概要[編集]

後漢のときの蜀郡属国を前身とする。122年延光元年)、属国都尉が置かれた。後漢の蜀郡属国は益州に属し、漢嘉・厳道・徙・旄牛の4県を管轄した[1]

221年章武元年)、三国の蜀漢が蜀郡属国を漢嘉郡と改めた。

西晋のとき、漢嘉郡は漢嘉・徙陽・厳道・旄牛の4県を管轄した。

永嘉年間、成漢李雄によって、漢嘉郡は沈黎郡漢原郡に分割され[2]、漢嘉郡の呼称は姿を消した。

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』郡国志五
  2. ^ 晋書』地理志上