北青州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北青州(ほくせいしゅう)は、中国にかつて存在した東晋から南北朝時代にかけて、現在の山東省一帯に設置された。

概要[編集]

が南遷して元帝長江を渡ると、広陵県青州が僑置された[1]409年義熙5年)、東晋の劉裕北伐により南燕が滅ぼされると、北青州が設置されて、州治は東陽城に置かれた。広陵の青州は南青州と改められた。後に南青州が廃止されて、北青州がそのまま青州となった。

455年孝建2年)、南朝宋により青州の州治は歴城に移された。464年大明8年)、青州の州治は東陽城にもどされた。469年泰始5年)、北魏慕容白曜の南征により東陽城が占領され、宋は淮北の地を失ったため、鬱洲に青州を僑立した[2]

南朝梁のとき、北青州が置かれた。524年普通5年)、武帝元樹を平北将軍・北青兗二州刺史として、軍を率いて北伐させた。528年大通2年)、北魏の北青州刺史の元世儁が梁に降った。549年太清3年)、梁の北青州刺史の王奉伯が東魏に降った[3]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志下
  2. ^ 宋書』州郡志二
  3. ^ 梁書』武帝紀下