豫章郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豫章郡(よしょう-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の江西省北部に設置された。

概要[編集]

漢の高祖のとき、豫章郡が置かれた[1]紀元前202年(高帝5年)、英布が淮南王となると、淮南国が置かれ、衡山九江廬江・豫章の4郡を管轄した[2]紀元前196年(高帝11年)、英布が反乱を起こすと、劉長が淮南王に立てられた[3]紀元前173年文帝7年)、淮南国が廃止され、4郡は漢の直轄の郡になった。紀元前168年(文帝12年)、城陽王劉喜が淮南王となり、再び淮南国が置かれた。紀元前164年(文帝16年)、劉喜が城陽王に戻されると、淮南国は廃止され、廬江郡と豫章郡を管轄する廬江国が置かれ、淮南厲王劉長の子の陽周侯劉賜が廬江王とされた。紀元前153年景帝4年)、廬江王劉賜が衡山王に改封され、廬江国は廃止されて、再び廬江郡と豫章郡が置かれた[4]前漢の豫章郡は揚州に属し、南昌廬陵彭沢鄱陽歴陵余汗柴桑新淦南城建成宜春海昏雩都鄡陽南野安平の18県を管轄した。王莽のとき、九江郡と改められた[1]

後漢が建てられると、豫章郡の称にもどされた。後漢の豫章郡は南昌・建城・新淦・宜春・廬陵・贛・雩都・南野・南城・鄱陽・歴陵・余汗・鄡陽・彭沢・柴桑・艾・海昏・平都石陽臨汝建昌の21県を管轄した[5]

のとき、豫章郡は南昌・海昏・新淦・建城・望蔡・永修・建昌・呉平・豫章・彭沢・艾・康楽・豊城・新呉・宜豊・鍾陵の16県を管轄した[6]

南朝宋のとき、豫章郡は江州に属し、南昌・新淦・豊城・建城・望蔡・呉平・永修・建昌・豫章・康楽・新呉・艾の12県を管轄した[7]

南朝斉のとき、豫章郡は南昌・新淦・艾・建城・建昌・望蔡・新呉・永修・呉平・康楽・豫章・豊城の12県を管轄した[8]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、豫章郡は廃止されて、洪州が置かれた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、洪州が廃止されて豫章郡と改称された。豫章郡は豫章・豊城・建昌・建城の4県を管轄した[9]

622年武徳5年)、唐が林士弘を平定すると、豫章郡は洪州と改められ、豫章・豊城・鍾陵の3県を管轄した。742年天宝元年)、洪州は豫章郡と改称された。758年乾元元年)、豫章郡は洪州と改称され、豫章郡の呼称は姿を消した[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b 漢書』地理志上
  2. ^ 『漢書』韓彭英盧呉伝
  3. ^ 史記』高祖本紀
  4. ^ 『漢書』淮南衡山済北王伝
  5. ^ 後漢書』郡国志四
  6. ^ 晋書』地理志下
  7. ^ 宋書』州郡志二
  8. ^ 南斉書』州郡志上
  9. ^ 隋書』地理志下
  10. ^ 旧唐書』地理志三