柴桑区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 江西省 柴桑区
廬山駅構内
廬山駅構内
簡体字 柴桑
繁体字 柴桑
拼音 Cháisāng
カタカナ転写 チャイサン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江西
地級市 九江市
行政級別 市轄区
面積
総面積 911 km²
人口
総人口(2004) 34.0 万人
経済
電話番号 0792
郵便番号 332100
行政区画代碼 360421
公式ウェブサイト http://www.jjx.gov.cn/
中国地名の変遷
建置 589年
使用状況 九江県
尋陽県(589年)
彭蠡県(598年)
溢城県(大業年間)
尋陽県
五代徳化県(南唐)
北宋/徳化県
南宋/徳化県
徳化県
徳化県
徳化県
中華民国九江県(1914年)
現代九江県
柴桑区(2017年)

柴桑区(さいそう-く)は中華人民共和国江西省九江市に位置する市轄区

歴史[編集]

589年開皇9年)、隋朝により設置された尋陽県を前身とする。598年(開皇18年)に彭蠡県大業年間に溢城県と改称された。

唐代になると621年武徳4年)に尋陽県と改称され、江州の州治とされた。五代十国時代になると南唐により徳化県と改称され、清末までこの名称が使用された。中華民国が成立すると、重複地名の解消を目的に1914年民国3年)に九江県と改称された。2017年8月に市轄区の柴桑区に改編され、現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:沙河街鎮、馬回嶺鎮、江洲鎮、城子鎮、港口街鎮、新合鎮、獅子鎮
  • 郷:永安郷、湧泉郷、新塘郷、城門郷、岷山郷

出身者[編集]