陳州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陳州(ちんしゅう)は中国にかつて存在した州。

魏晋南北朝時代[編集]

南北朝時代東魏により設置された揚州を前身とする。がこの地を支配すると殷州と改称されたが、東魏が再度占領すると北揚州と改称された。北斉では信州北周では陳州と改称された。

隋代[編集]

隋朝が成立すると陳州は下部に4郡6県(?)を管轄した。596年開皇16年)に沈州が分割設置されている。607年大業3年)、郡制施行に伴い陳州は淮陽郡と改称され下部に11県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
陳州 豫州 亳州 淮陽郡
陳郡 丹陽郡 項城郡 淮陽郡 汝陽郡 広寧郡 陳留郡 宛丘県 西華県
柳城県 項城県
南頓県 太康県
鹿邑県 鄲県
鮦陽県 溵水県
扶楽県
項県
長平県
柳城県
秣陵県
和城県
不詳 陽夏県 汝陽県 包信県 武平県

関連項目[編集]

注釈[編集]