信州 (四川省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

信州(しんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から隋代にかけて、現在の重慶市北東部および湖北省西部一帯に設置された。

南北朝時代[編集]

523年普通4年)6月、南朝梁により益州が分割され、信州が設置された[1]

隋代[編集]

初には、信州は4郡5県を管轄した。585年開皇5年)、信州の一部を分割して、庸州が設置された。605年大業元年)、庸州が廃止され、再び信州に統合されている。607年(大業3年)、郡制施行に伴い、信州は巴東郡と改称され、下部に14県を管轄した[2]。隋朝の行政区分に関しては、下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
信州 南州 開州 臨州 巴東郡
水安郡 巴東郡 建平郡 秭帰郡 万川郡 懐徳郡 周安郡 万世郡 臨江郡 人復県 雲安県
巫山県 大昌県
秭帰県 巴東県
南浦県 梁山県
武寧県 新浦県
盛山県 臨江県
務川県 扶陽県
人復県 雲安県 巫山県
大昌県
長寧県
楽郷県
万川県
梁山県
武寧県 新浦県 永寧県 臨江県

脚注[編集]

  1. ^ 『梁書』武帝紀下の記述に従う。『太平寰宇記』では537年大同3年)の設置とする。
  2. ^ 隋書』地理志上