霊州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

霊州(靈州、れいしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から民国初年にかけて、現在の寧夏回族自治区銀川市一帯に設置された。

南北朝時代[編集]

436年太延2年)、北魏により薄骨律鎮が置かれた。526年孝昌2年)、薄骨律鎮が霊州に昇格した[1]

隋代[編集]

が成立すると、当初は霊州が設置され、4郡4県を管轄した。607年大業3年)には郡制施行に伴い、霊武郡と改称された。同年のうちに環州が管轄する鳴沙県が編入され、霊武郡は下部に6県を管轄した[2]。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
霊州 霊武郡
普楽郡 臨河郡 懐遠郡 歴城郡 回楽県 懐遠県 霊武県
弘静県 豊安県 鳴沙県
回楽県 臨河県 懐遠県 建安県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により霊武郡は霊州と改められた。742年天宝元年)、霊州は霊武郡と改称された。758年乾元元年)、霊武郡は霊州と改称された。霊州は関内道に属し、回楽・鳴沙・霊武・懐遠・保静温池の6県を管轄した[3]

宋代[編集]

1002年咸平5年)、李継遷が霊州を奪い、西平府と改めた[4]西夏のとき、翔慶軍と改められた。

元代[編集]

のとき、霊州は寧夏府路に属した[5]

明代[編集]

1370年洪武3年)、により霊州は廃止された。1500年弘治13年)、霊州が再び置かれ、陝西布政司に直属した[6]

清代[編集]

1725年雍正3年)、霊州は寧夏府に属した[7]

民初[編集]

1913年、霊州は廃止され、霊武県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二上
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 宋史』外国伝二
  5. ^ 元史』地理志三
  6. ^ 明史』地理志三
  7. ^ 清史稿』地理志十一