鳳陽府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳳陽府(ほうよう-ふ)は、初から末にかけて現在の安徽省滁州市鳳陽県一帯に存在した。治所は鳳陽県。

区画の変遷[編集]

の時代、1374年洪武7年)中立府の治所変更に伴う改名によって成立。以下の6州18県を管轄した。

1382年(洪武15年)六安州が廬州府に編入。1389年(洪武22年)滁州が直隷州となる。1496年弘治9年)亳県が昇格して亳州となる。

の成立後、1724年雍正2年)潁州、亳州、泗州が直隷州となる。1777年乾隆42年)虹県が廃止され泗州に編入される。1863年同治3年)宿州の一部が分割され渦陽県に編入される。