蚌埠市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 安徽省 蚌埠市
安徽省中の蚌埠市の位置
安徽省中の蚌埠市の位置
簡体字 蚌埠
繁体字 蜯埠
拼音 Bèngbù
カタカナ転写 ボンブー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
安徽
行政級別 副省級市
面積
総面積 601.5 km²
人口
総人口(2005) 343 万人
経済
電話番号 0552
郵便番号 233000
行政区画代碼 340300
公式ウェブサイト http://www.bengbu.gov.cn/

蚌埠市(ほうふ-し)は中華人民共和国安徽省に位置する地級市


地理[編集]

蚌埠市は淮川右岸に位置する上海中心部から500km圏内の都市である。京滬線の枢紐基地がある。

都市部区域はくさび形で、343平方kmと狭い市である。市の北端を鉄道の京滬線、水蚌線が南北に通る。

歴史[編集]

1947年、蚌埠市が誕生

行政区画[編集]

4区、3県を統轄する。さらに74の街道・鎮・郷に分かれている。

    • 蚌山区
      • 天橋街道、青年街道、緯二路街道、勝利街道、黄荘街道、宏業村街道、竜湖新村街道、雪華鄉、燕山鄉。
    • 竜子湖区
      • 東風街道、治淮街道、東升街道、解放街道、曹山街道、延安街道、長淮衛鎮、李楼鄉。
    • 禹会区
      • 大慶街道、張公山街道、緯四街道、朝暘街道、釣魚台街道、秦集鎮、馬城鎮、長青鄉。
    • 淮上区
      • 淮浜街道、小蚌埠鎮、呉小街鎮、曹老集鎮、沫河口鎮、梅橋鄉。
    • 懐遠県
      • 城関鎮、新城鎮、五岔鎮、双橋鎮、魏荘鎮、万福鎮、包集鎮、蘇集鎮、竜亢鎮、河溜鎮、唐集鎮、常墳鎮、孝儀鄉、褚城鄉、古城鄉、徐圩鄉、蘭橋鄉、陳集鄉、淝河鄉、淝南鄉、找郢鄉、荊芡鄉。
    • 固鎮県
      • 城関鎮、王荘鎮、連城鎮、濠城鎮、新馬橋鎮、劉集鎮、湖溝鎮、任橋鎮、石湖鄉、楊廟鄉、仲興鄉。
    • 五河県
      • 城関鎮、新集鎮、小渓鎮、双忠廟鎮、小圩鎮、東劉集鎮、大新鎮、頭鋪鎮、武橋鎮、澮南鎮、申集鎮、朱頂鎮、沱湖鄉、臨北回族鄉。

年表[編集]

皖北行署区蚌埠市[編集]

安徽省蚌埠市[編集]

  • 1955年3月 - 宿県専区懐遠県の一部が小蚌埠区に編入。(4区)
  • 1956年3月 - 小蚌埠区が郊区に改称。(4区)
  • 1956年11月26日 - 蚌埠専区鳳陽県の一部が東市区に編入。(4区)
  • 1958年12月4日 (4区)
    • 蚌埠専区懐遠県の一部が郊区に編入。
    • 蚌埠専区鳳陽県の一部が東市区に編入。
  • 1959年12月 - 蚌埠専区懐遠県の一部が郊区に編入。(4区)
  • 1963年8月 - 郊区が東市区・西市区・中市区に分割編入。(3区)
  • 1968年8月8日 - 東市区・西市区・中市区の各一部が合併し、郊区が発足。(4区)
  • 1983年10月8日 - 宿県地区懐遠県固鎮県五河県を編入。(4区3県)
  • 1984年7月 - 懐遠県の一部が郊区に編入。(4区3県)
  • 1984年10月29日 - 懐遠県の一部が淮南市潘集区に編入。(4区3県)
  • 1985年11月 - 懐遠県、滁県地区鳳陽県の各一部が郊区に編入。(4区3県)
  • 2004年1月10日 (4区3県)
    • 東市区・中市区・郊区の各一部が合併し、竜子湖区が発足。
    • 中市区・西市区・郊区の各一部および東市区の残部が合併し、蚌山区が発足。
    • 西市区の残部・郊区の一部が合併し、禹会区が発足。
    • 郊区の残部・中市区の残部および懐遠県・固鎮県の各一部が合併し、淮上区が発足。
  • 2013年12月24日 - 懐遠県の一部が禹会区に編入。(4区3県)
  • 2014年2月11日 - 五河県の一部が淮上区に編入。(4区3県)

蚌埠専区[編集]

  • 1956年1月12日 - 宿県専区(8県)・滁県専区(8県)が合併し、蚌埠専区が発足。(16県)
  • 1956年2月 - 全椒県の一部が肥東県に編入。(16県)
  • 1956年3月 (16県)
    • 江蘇省徐州専区睢寧県の一部(李集区陳集郷の一部)が霊璧県に編入。
    • 霊璧県の一部(九頂区・高楼区の各一部)が江蘇省徐州専区睢寧県に編入。
  • 1956年8月 (16県)
    • 来安県の一部が滁県に編入。
    • 滁県の一部が全椒県に編入。
  • 1956年11月26日 (16県)
  • 1958年7月12日 - 肥東県が合肥市に編入。(15県)
  • 1958年12月4日 (15県)
    • 懐遠県の一部が蚌埠市郊区に編入。
    • 鳳陽県の一部が蚌埠市東市区に編入。
  • 1959年3月22日 (1市12県)
  • 1959年12月15日 - 炳輝県が天長県に改称。(1市12県)
  • 1959年12月 - 懐遠県の一部が蚌埠市郊区、淮南市大通区に分割編入。(1市12県)
  • 1960年4月16日 (12県)
    • 濉渓市が地級市の濉渓市に昇格。
    • 蕭碭県の一部が濉渓市に編入。
  • 1961年4月7日
    • 滁全県・嘉山県・定遠県・鳳陽県・来安県・天長県が滁県専区に編入。
    • 宿県・蕭碭県・霊璧県・五河県泗県・懐遠県が宿県専区に編入。

河川[編集]

市の北端を淮川が西から東へ流れる。

名所・名物[編集]

花鼓戯、湯和墓、明皇陵、中都城、竜興寺、白石山森林公園,禹王宮、白乳泉、卞和洞

[編集]

  • 京滬大橋
  • 京滬二橋
  • 京滬新橋
  • 京福大橋
  • 朝陽大橋
  • 解放大橋
  • 荊塗大橋
  • 竜湖大橋
  • 臨淮関大橋

鉄道路線[編集]

大学、高等学校[編集]

  • (蚌埠)安徽財経大学
  • (蚌埠)安徽電子信息学院
  • (蚌埠)安徽科技師範学院
  • (蚌埠)蚌埠医学院
  • (蚌埠)蚌埠学院
  • (蚌埠)中国コンピューター坦克学院
  • (蚌埠)中国コンピューター汽車管理学院
  • (蚌埠)中国空軍十三飛行学院
  • (蚌埠)中国海軍士官学院

友好都市[編集]

出身者[編集]

外部リンク[編集]