蚌埠市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 安徽省 蚌埠市
市街地の様子
市街地の様子
安徽省中の蚌埠市の位置
安徽省中の蚌埠市の位置
簡体字 蚌埠
繁体字 蚌埠
拼音 Bèngbù
カタカナ転写 ホウフ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
安徽
行政級別 地級市
面積
総面積 5952 km²
人口
総人口(2019) 314.2 万人
経済
GDP(2020) 2082.7億元
電話番号 0552
郵便番号 233000
ナンバープレート 皖C
行政区画代碼 340300
公式ウェブサイト http://www.bengbu.gov.cn/

蚌埠市(ほうふ-し、略称:蚌、別名:珠城)は、中華人民共和国安徽省に位置する地級市であり、安徽省の重要な拠点都市であり、安徽省北部の貿易・通商の中心地、加工・製造の中心地、郵便・通信の指令発信地でもある。蚌埠は、京滬鉄道と淮南鉄道が交差する、華北平野の南端に位置し、淮河が市内を流れ、鳳陽宿州にも近い。蚌埠市は、蚌山区・竜子湖区・禹会区・淮上区の4つの市区と、懐遠県五河県固鎮県の3つの県を管轄しており、総面積は5,952平方キロメートルで、そのうち601.5平方キロメートルが都市部である。 2016年末時点で、3つの県を含む蚌埠市の総登録人口は3,795,200人、居住人口は3,330,000人で、そのうち1,600,000人が都市住民である。

蚌埠は「諸侯地、淮上明珠城」として知られている。蚌埠地区の歴史は「古代の真珠採りの場所」であり、ここに真珠採取船が停泊し、蚌埠渡と呼ばれ、その後蚌埠村と蚌埠集とも呼ばれていた。そのため、蚌埠は「珠城」としても知られている。 蚌埠は淮河に依存して水運を発展させており、数千キロに及ぶ淮河の最初の港湾都市であり、蚌埠港は現在、川と海の間の複合輸送能力を持つ総合港に発展している。

蚌埠地域は長い歴史があり、新石器時代から人間の活動があり、約7300年前の双墩遺跡にまで遡ることができる。龍山文化の中後期に属する禹会村の遺跡は、大禹が諸侯と会ったという伝説と関係があると考えられている。近代の蚌埠市は、主に津浦鉄道の開通と淮河水運の繁栄により、急速に安徽省北部の重要な貿易・商業都市に発展し発展したため、「列車に引かられてきた街」とも呼ばれる。1947年1月1日、蚌埠は安徽省で最初の都市として正式に設立された。

蚌埠は、全国の地域中心都市、全国の総合交通ハブ、淮河流域の中心都市、安徽省北部の中心都市、安徽省観光の中心都市、全国の文明都市である。 同時に、蚌埠は淮河生態経済帯核心都市であり、蚌自主創新総合配套改革試験区核心都市でもある。

地名の由来[編集]

古代、淮河は懐遠荊山口から蚌埠地域に流れ、水流が遅くなり水が澄んでいて水草が繁茂していたため、ムール貝が繁殖して真珠を作るのに適していた。

の時代、現在の蚌埠都市部の西部と懐遠県は塗山氏国に属し、都市部の東部は鍾離国に属し、洪武年間まで鍾離の名称が維持されていた。

明の洪武年間に、鍾離は中立県と臨淮県に変更され、鳳陽県が追加された。現在の蚌埠都市部の西部は懐遠県に、東部は鳳陽県に属し、現在の固鎮県は宿州県・懐遠県・霊璧県・五河県・鳳陽県に属していた。『尚書・禹貢』には、「泗濱浮磬、淮夷蠙珠曁魚」と記録されている。それは、泗水の近くには、彫ったり磨いたりできるブルーストーンのようなものがあり、ビーズはアサリで、このアサリが真珠を作っているということです。清の時代の『鳳陽府志』には、「蚌埠集在霊璧西南160里、乃古採珠之地」と記録されている。ここに真珠採取船が停泊し、蚌埠渡と呼ばれ、その後蚌埠村と蚌埠集とも呼ばれていた。そのため、蚌埠は「珠城」としても知られている。座標: 北緯32度55分3.45秒 東経117度22分56.70秒 / 北緯32.9176250度 東経117.3824167度 / 32.9176250; 117.3824167

地理[編集]

蚌埠は、中国華東地域、長江デルタの西、安徽省の北東、淮河の中流域に位置し、中国の南北の地理的境界線である秦嶺-淮河沿いにある。領土は平原が中心で、南部には丘陵が点在しています。 北部亜熱帯湿潤モンスーン気候と南部温帯半湿潤モンスーン気候の移行帯に属します。蚌埠市は淮川右岸に位置する上海中心部から500km圏内の都市である。京滬線の枢紐基地がある。都市部区域はくさび形で、343平方kmと狭い市である。市の北端を鉄道の京滬線、水蚌線が南北に通る。

歴史[編集]

1947年1月1日、蚌埠は安徽省で最初の都市として正式に設立されました。

行政区画[編集]

4市轄区・3県を管轄する。

蚌埠市の地図

年表[編集]

皖北行署区蚌埠市[編集]

安徽省蚌埠市[編集]

  • 1955年3月 - 宿県専区懐遠県の一部が小蚌埠区に編入。(4区)
  • 1956年3月 - 小蚌埠区が郊区に改称。(4区)
  • 1956年11月26日 - 蚌埠専区鳳陽県の一部が東市区に編入。(4区)
  • 1958年12月4日 (4区)
    • 蚌埠専区懐遠県の一部が郊区に編入。
    • 蚌埠専区鳳陽県の一部が東市区に編入。
  • 1959年12月 - 蚌埠専区懐遠県の一部が郊区に編入。(4区)
  • 1963年8月 - 郊区が東市区・西市区・中市区に分割編入。(3区)
  • 1968年8月8日 - 東市区・西市区・中市区の各一部が合併し、郊区が発足。(4区)
  • 1983年10月8日 - 宿県地区懐遠県固鎮県五河県を編入。(4区3県)
  • 1984年7月 - 懐遠県の一部が郊区に編入。(4区3県)
  • 1984年10月29日 - 懐遠県の一部が淮南市潘集区に編入。(4区3県)
  • 1985年11月 - 懐遠県、滁県地区鳳陽県の各一部が郊区に編入。(4区3県)
  • 2004年1月10日 (4区3県)
    • 東市区・中市区・郊区の各一部が合併し、竜子湖区が発足。
    • 中市区・西市区・郊区の各一部および東市区の残部が合併し、蚌山区が発足。
    • 西市区の残部・郊区の一部が合併し、禹会区が発足。
    • 郊区の残部・中市区の残部および懐遠県・固鎮県の各一部が合併し、淮上区が発足。
  • 2013年12月24日 - 懐遠県の一部が禹会区に編入。(4区3県)
  • 2014年2月11日 - 五河県の一部が淮上区に編入。(4区3県)

蚌埠専区[編集]

  • 1956年1月12日 - 宿県専区(8県)・滁県専区(8県)が合併し、蚌埠専区が発足。(16県)
  • 1956年2月 - 全椒県の一部が肥東県に編入。(16県)
  • 1956年3月 (16県)
    • 江蘇省徐州専区睢寧県の一部(李集区陳集郷の一部)が霊璧県に編入。
    • 霊璧県の一部(九頂区・高楼区の各一部)が江蘇省徐州専区睢寧県に編入。
  • 1956年8月 (16県)
    • 来安県の一部が滁県に編入。
    • 滁県の一部が全椒県に編入。
  • 1956年11月26日 (16県)
  • 1958年7月12日 - 肥東県が合肥市に編入。(15県)
  • 1958年12月4日 (15県)
    • 懐遠県の一部が蚌埠市郊区に編入。
    • 鳳陽県の一部が蚌埠市東市区に編入。
  • 1959年3月22日 (1市12県)
  • 1959年12月15日 - 炳輝県が天長県に改称。(1市12県)
  • 1959年12月 - 懐遠県の一部が蚌埠市郊区、淮南市大通区に分割編入。(1市12県)
  • 1960年4月16日 (12県)
    • 濉渓市が地級市の濉渓市に昇格。
    • 蕭碭県の一部が濉渓市に編入。
  • 1961年4月7日
    • 滁全県・嘉山県・定遠県・鳳陽県・来安県・天長県が滁県専区に編入。
    • 宿県・蕭碭県・霊璧県・五河県泗県・懐遠県が宿県専区に編入。

河川[編集]

市の北端を淮川が西から東へ流れる。

名所・名物[編集]

花鼓戯、湯和墓、明皇陵、中都城、竜興寺、白石山森林公園、禹王宮、白乳泉、卞和洞

[編集]

  • 京滬大橋
  • 京滬二橋
  • 京滬新橋
  • 京福大橋
  • 朝陽大橋
  • 解放大橋
  • 荊塗大橋
  • 竜湖大橋
  • 臨淮関大橋

交通[編集]

鉄道[編集]

蚌埠南駅

道路[編集]

蚌埠駅後方の勝利路
  • 高速道路
  • 国道

大学、高等学校[編集]

  • (蚌埠)安徽財経大学
  • (蚌埠)安徽電子信息学院
  • (蚌埠)安徽科技師範学院
  • (蚌埠)蚌埠医学院
  • (蚌埠)蚌埠学院
  • (蚌埠)中国コンピューター坦克学院
  • (蚌埠)中国コンピューター汽車管理学院
  • (蚌埠)中国空軍十三飛行学院
  • (蚌埠)中国海軍士官学院

友好都市[編集]

出身者[編集]

外部リンク[編集]