黎平府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黎平府(れいへいふ)は、中国にかつて存在した明代から民国初年にかけて、現在の貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州南部に設置された。

概要[編集]

1413年永楽11年)、明により黎平府が置かれた。黎平府は貴州省に属し、永従県潭渓蛮夷長官司八舟蛮夷長官司洪州泊里蛮夷長官司曹滴洞蛮夷長官司古州蛮夷長官司西山陽洞蛮夷長官司新化蛮夷長官司湖耳蛮夷長官司亮寨蛮夷長官司欧陽蛮夷長官司中林験洞蛮夷長官司赤渓湳洞蛮夷長官司竜里蛮夷長官司の13長官司を管轄した[1]

のとき、黎平府は貴州省に属し、開泰県・永従県・古州庁下江庁の2庁2県を管轄した[2]

1913年中華民国により黎平府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 明史』地理志七
  2. ^ 清史稿』地理志二十二