集州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

集州(しゅうしゅう)は、中国にかつて存在した

巴中の集州[編集]

本節では、南北朝時代から宋代にかけて、現在の四川省巴中市一帯に設置された集州について述べる。

554年廃帝3年)、西魏により東巴州が集州と改められた[1]570年天和5年)、北周により集州の州治は難江県に移された。

大業初年に集州は廃止されて、漢川郡に編入された[2]

618年武徳元年)、により隋の漢川郡難江県に集州が再び置かれた。巴州符陽長池白石の3県が分離されて編入された。さらに平桑県が新設され、集州は5県を管轄した。742年天宝元年)、集州は符陽郡と改称された。758年乾元元年)、符陽郡は集州の称にもどされた。集州は山南西道に属し、難江・符陽・地平の3県を管轄した[3]

1072年熙寧5年)、北宋により集州は廃止され、その属県は巴州に編入された[4]

遼東の集州[編集]

本節では、遼代から金代にかけて、現在の遼寧省瀋陽市一帯に設置された集州について述べる。

契丹により渤海国の人々が遼東に移され、集州懐衆軍が置かれた。集州は東京道に属し、奉集県1県を管轄した[5]

金により集州は廃止され、属県の奉集県は貴徳州に編入された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 周書』文帝紀下
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志二
  4. ^ 宋史』地理志五
  5. ^ 遼史』地理志二
  6. ^ 金史』地理志上