申州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

申州(しんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から初にかけて、現在の河南省信陽市一帯に設置された。

概要[編集]

南朝斉義陽に僑置した司州を前身とする。504年正始元年)に北魏の中山王元英が義陽を攻め落とす[1]と、郢州が置かれた。528年大通2年)、北魏の郢州刺史の元願達が義陽をもって南朝梁に降ると、梁はここに北司州を置いた[2]。後に再び司州にもどされた。548年武定6年)、東魏高岳がこの地を攻め落とす[3]と、再び南司州が置かれた。北周のとき、申州と改められた。

大業初年の申州は、義陽・鍾山羅山礼山淮源の5県を管轄した。606年(大業2年)、義州と改められた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、義州は義陽郡と改称された[4]

621年武徳4年)、により義陽郡は申州と改められた。742年天宝元年)、申州は義陽郡と改称された。758年乾元元年)、義陽郡は申州と改称された。申州は淮南道に属し、義陽・鍾山・羅山の3県を管轄した[5]

976年開宝9年)、北宋により申州は義陽軍と改められた。同年(太平興国元年)、信陽軍と改められた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』世宗紀
  2. ^ 梁書』武帝紀下
  3. ^ 北斉書』清河王岳伝
  4. ^ 隋書』地理志下
  5. ^ 旧唐書』地理志三
  6. ^ 宋史』地理志一